« 訪問介護、これからの道 | メイン | 必ず増える訪問看護 »

訪問看護の実態

訪問看護…これから益々必要に迫られてくるであろう職業。
私はこの職業に就く前はそこまで重大なことは考えていなかったんだけど年々お年よりは増えていく、特に今の時代は核家族化が進んでいてお年寄りが一人で暮らしている…なんてことはぜんぜん珍しいことではなくなってきていますよね。
そんな時代だからこそ訪問看護はとても大切なものになってきています。
だけど忙しさ大変さはとてもすごいものがあります。
訪問先の患者さんによってはなかなか心を開いてくれない人も多いし信用を得るのにはとても大変な時間がかかると思います。
だけどお年寄りの少しでも力になれるために…私たちの手が必要なんですよね…。
多くの人が訪問看護に目を向けてくれることを…願います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.southnexus.com/mt3/mt-tb.cgi/16

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年03月20日 11:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「訪問介護、これからの道」です。

次の投稿は「必ず増える訪問看護」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38