« 訪問看護の世界 | メイン | 訪問看護のこれから… »

訪問看護の将来

訪問看護…これからますます需要が伸びてくる分野ですよね。
どんどん高齢化社会が広がっていて、今一人暮らししているお年よりもたくさんいる。
そういう人全員に訪問看護が受けられるようにしていけたらどんなにいいか…。
私の知人で一人暮らしをしている60代の人がいますが生活保護を受けていて家にはエアコンもなくこの猛暑を耐えています。持病があるために車の運転もできず、熱中症になりかけてしまった時には何日も食事がのどを通らないといった感じだったそうです。
幸いお姉さんがいてSOSを求められて食事の世話などしたようですが…。
きっとこういう状況の人が全国各地にいることでしょう。
そういった人たちを守るためにももっともっと必要になってくると思う訪問看護。
現状の活動だけでは足りないのではないでしょうか…。
訪問看護を受けられるお年寄りの規定…それにもやっぱり多少問題があるように感じる私です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.southnexus.com/mt3/mt-tb.cgi/21

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年08月16日 15:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「訪問看護の世界」です。

次の投稿は「訪問看護のこれから…」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38